草コイン投資で目指せ億り人

      2018/02/03

Cindicator(シンディケーター)に対応してるハードウェアウォレットを紹介します

CND対応ウォレット

コインチェックのNEM流出事件を見れば分かるように、仮想通貨取引所に自身の資産を預けておくと、取引所破産(通称:GOX)や、取引所のセキュリティ対策不備等によって、自身の資産を全て失ってしまうリスクがあります。

Cindicator(CND)をBinanceで購入した方は多いと思いますが、Binanceにおいてもコインチェックと同様に、いつ通貨が流出したり、破産したりする事態が発生するか分かりません。

取引所に自身の資産を預けておくリスクへの対応としては、一般的に自身でハードウェアウォレットを購入し、そこに取引所から通貨を移動させておく手法が最も効果的とされています。

Cindicator(CND)に対応しているハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットにはいくつか種類がありますが、デバイスによって対応している通貨が異なります。

ご自身がCNDをハードウェアウォレットに移したいと考えているなら、CNDに対応したハードウェアウォレットを購入する必要があります。

CNDはERC20トークンと呼ばれる種類のトークンです。

従って、ERC20トークンに対応しているハードウェアウォレットならば、CNDも保存させておくことが出来るということです。

ERC20トークンに対応しているハードウェアウォレットには、

  • Ledger Nano S
  • Trezor

の2種類があります。なのでCNDを保存するためにハードウェアウォレットを購入する際には上記のどちらかのウォレットを購入しましょう。

参考The 3 Best Hardware Wallets For Bitcoin of 2018 ( + Altcoins Supported)

「Ledger Nano S」と「Trezor」どちらが良いの?

CNDを保存しておくためのハードウェアウォレットとしては、「Ledger Nano S」と「Trezor」が対応していることが分かりましたが、一体どちらが良いのでしょうか?

この点に関しては、色々なブロガーが比較をしている記事を書いているのでググってみれば色々と情報を得ることが出来ると思います。

参考までに、イケダハヤトさんも比較記事を書いているので紹介します。

参考ハードウェアウォレット「Trezor」と「Ledger Nano」を比較!

イケダハヤトさんの記事の内容を簡単に解説すると、Ledger Nanoの方がリップル(XRP)など取り扱う通貨の種類が多いが、Trezorの方が使い勝手が良い、とのことです。

参考までに、Ledger NanoとTrezorがそれぞれ取り扱っている通貨の種類は、下記の通りです。

Ledger Nano Trezor
  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ethereum Classic
  • Ripple
  • Litecoin
  • Dogecoin
  • Zcash
  • Dash
  • Stratis
  • Komodo
  • Ark
  • PoSW
  • ERC20 tokens
  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ethereum Classic
  • Namecoin
  • Litecoin
  • Dogecoin
  • Zcash
  • Dash
  • ERC20 tokens

Ledger Nanoのほうが取り扱っている通貨の種類が多いことが分かります。

ただしLedger NanoはChromeのプラグインを用意したりと使用開始するまでの必要作業が結構手間であるといったデメリットがあるようです。

自身が求める通貨に対応しているのであれば、使い勝手の良いTrezorにしておいたほうが無難だと言えるでしょう。

ハードウェアウォレットを購入する時には必ずメーカーHPから

上記のハードウェアウォレットを購入する際には、絶対にAmazonのマーケットプレイスを利用してはいけません。

なぜなら、Amazonのマーケットプレイスには詐欺業者が多く含まれているからです。

ハードウェアウォレットは、端末自体に価値があるのではなく、その端末に対応している秘密鍵と呼ばれる、各ウォレットが1つ持つ鍵に価値があります。

その秘密鍵を他人に知られていると、例えハードウェアウォレットが手元にあっても自身の通貨は盗まれてしまいます。

従って、Amazonのマーケットプレイスでハードウェアウォレットの転売をしている怪しい業者から購入すると、事前にそのウォレットに対応した秘密鍵を把握されている可能性があるため、極めてリスクが高いです。

参考【注意喚起】ハードウェアウォレットをAMAZONで買う危険性 (ビットコイン研究所ブログ)

メーカーHPから直接購入すれば、ハードウェアウォレットが手元に届く前に秘密鍵が誰かに知られているリスクを避けることが出来ます。

海外のサイトなので英語ですが、頑張ってメーカーHPから購入するようにしましょう。

参考TREZOR公式ホームページ -TREZOR購入画面

参考Ledger公式ホームページ -Ledger Nano S購入画面

以上、『CNDに対応しているハードウェアウォレットについて』でした。

RELATED ARTICLES

Copyright© つかめ草コインドリーム! , 2018 All Rights Reserved.