草コイン投資で目指せ億り人

   

BCH(ビットコインキャッシュ)がPoS通貨と本質的に同一な理由

BCHとPoS通貨って本質的に同一な部分があると思うので、そのことについて説明してみたいと思います。

BCHとPoS通貨が本質的に同一な部分

本質的に同一な部分というのは、どちらも中央集権的な特定の組織によって価格や価値をコントロールされやすいという点です。

PoS通貨が中央集権的な特定の組織によって価値をコントロールされるというのは自明だと思います。下記記事でも解説したように、PoS通貨というのは、価値の源泉が通貨発行主体のサービスの内容であるため、そのサービスのクオリティが通貨の価値に大きな影響を及ぼします。

参考:『PoWコインだけが本物の貨幣になり得る理由』を読んで思考した結果をまとめます

BCHもPoS通貨と同様に中央集権的な特定の組織が通貨の価値に影響を及ぼしてしまう場合があります。

どういうことなのか説明します。

まず、BCHはスケーラビリティ問題をブロックサイズを増大させることにより解決しようとしているため、トランザクションが増加するに従い今後もブロックサイズを上げ続ける必要があります。

ブロックサイズを上げ続けてブロックのサイズが大きくなると、当該ブロックのP2P伝搬に負荷がかかるようになります。結果として特別なネットワークを備えた業者しかマイニングが出来なくなってしまいます。

つまり、BCHはブロックサイズを上げ続けた将来には、特定の限られたマイナーしかマイニングできない通貨になってしまうのです。

もし、その限られたマイナーが中国で事業を行っていて、政府に規制されでもしたら何が起こるでしょうか。BCHはマイニングされなくなるので、送金という機能を失うことになります。結果として大きく価値を棄損することになります。

少数のマイナーの存在がBCHの価値に多大な影響を与えているということです。ここがPoS通貨と同じで中央集権的な特定の組織によって価値や価格をコントロールされやすい部分に該当します。

まとめると、BCHが将来的に陥るであろう特定少数の業者しかマイニングに参加できな状況は、PoS通貨と同じように中央集権的な特定の組織が通貨の価値に大きな影響を与えている構造になっている、ということです。

但しBCHのほうがまし

PoS通貨の場合、価値の源泉は通貨発行主体のサービス内容のみになりますが、BCHの場合はPoWマイニングされるため、その限りではありません。

PoWマイニングにより新規通貨が発行されているBCHの場合、通貨を保持しているだけで「マイニングするコストを支払うことが出来た」とシグナルできるという性質があります。つまりBCHの場合「富を保持していることを示す」という効用も保持しているのです。

別の言い方をするとBCHは価値の保存媒体として機能するということです。

一方PoS通貨の場合は、PoSコンセンサスアルゴリズムによりマイニングをしているので、価値の保存媒体としての価値を持つことはできません。

この点が、「中央集権的な組織による影響をどの程度うけるか」という観点で考えた時にBCHのほうがましである、と言える理由です。

BTCの場合はその限りではない

以上のようにBCHは特定少数の組織により影響を受けやすいというPoS通貨と同じ性質を持っていると説明しましたが、BTCの場合はそうではありません。

BTCはスケーラビリティ問題に対してブロックサイズを一定にして、ライトニングネットワークやアトミックススワップなどのセカンドレイヤーソリューションを活用することにより解決するアプローチを採っています。

このため、例えトランザクション量が増えたとしても、BCHのように専用ネットワークが必要になったりはしないため、引き続き誰でもマイニングに参加できる状況は続きます。

だから、トランザクション量が増えスケールしたとしても、BTCの場合は特定少数のマイナーが過度な影響力を保持することを避けられる訳です。

RELATED ARTICLES

Copyright© つかめ草コインドリーム! , 2018 All Rights Reserved.