草コイン投資で目指せ億り人

      2018/04/01

『PoWコインだけが本物の貨幣になり得る理由』を読んで思考した結果をまとめます

仮想通貨界隈で著名な大石氏が書いた下記記事を読んで、自分なりに色々と考えてみましたので、その思考をまとめてみたいと思います。

参考:POWコインだけが本物の貨幣になり得る理由

大石氏の記事要約

まず大石氏の記事の内容をまとめると下記の通りになります。

  • 「貨幣」とは実用性がなくても、その物だけで富の総量を示すことができるもの。
  • PoW通貨は電気代を消費することでのみ新規発行できるため、その通貨に実用性がないとしても、通貨自体が電気代と同等の富(価値)を有していると見なすことができる。
  • 一方、PoS通貨は既にその通貨を持つ人に無償で新規通貨が配布される構造をしているため、その通貨を保持することが富の総量を示すことにならない。
  • つまり、PoW通貨はPoS通貨と違い、通貨の実用性がないとしても、その通貨を保持することに「富を持つことを示せるという価値」があるため、本物の貨幣になることが出来る。

価値の源泉が実用性しかないPoS通貨が本物の貨幣になり得ない理由

PoS通貨は、PoS通貨発行主体が提供するサービスの利便性を受けることが出来るという「実用性」が価値の源泉になっています。

この実用性以外にPoS通貨に需要が生まれる理由はどこにもありません。

ということは、PoS通貨の価値というのは、PoS通貨発行主体が提供するサービスの価値とイコールになります。

つまり、PoS通貨の価値はPoS通貨発行主体という特定の組織によってコントロールされる、ということです。PoS通貨は中央集権的構造である、と言うことも出来ます。

だって考えてみてください。もしそのPoS発行主体のサービスの価値が下がれば、PoS通貨の価値が下がり、逆にサービスの価値が上がればPoS通貨の価値が上がるということだからです。

また、PoS通貨は既にその通貨を持っている人が、ゼロコストで新規発行通貨を手にすることができるため、既に通貨を持っている人がどんどん豊かになっていく構造になっています。

つまり、初期にそのPoS通貨を持っていたある種の既得権益層が得をする構造になっている、ということです。どこの馬の骨かも分からない中央集権的な既得権益層がコントロール可能な貨幣など誰が使いたいと思いますか。

だから特定のサービスの利便性を享受できる「実用性」にしか価値がないPoS通貨は、本物の貨幣にはなり得ないのです。

一方、PoW通貨はどうでしょう。PoW通貨には「送金できる」という実用性から生まれる価値以外に、「PoW通貨を保持している」ということが、「電気代というコストを支払える富を持っていた」ということを示すシグナルになるという価値があります。

この「電気代というコストを支払える富を持っていた」とシグナルできるということが、PoW通貨の革命的な価値であり、PoW通貨が本物の貨幣になり得る理由です。

よくある反論と、その反論に対する反論

上記の大石氏の主張に対する良くある反論が、「通貨の価値は需要と供給にのみ決まるから、その通貨を手に入れるためのコスト(電気代)など、通貨の価値に影響を与えない。PoS通貨は価値があり需要があるのだから通貨になり得る。」というものです。

この反論は大石氏が主張したいことと少しずれています。どこがずれているのかというと、「通貨の価値」について反論していることです。

大石氏が主張したいことは「PoSは『貨幣』になり得ない」ということであって、「PoS通貨が価値を持たない」ということではありません。

PoS通貨は、そのPoS通貨を提供している主体が提供するサービスを利用するために必要な通貨です。従って、発行主体が提供するサービスの価値がPoS通貨の価値と紐づきます。

例えば筆者が10万円を投資したCNDの場合は、一定以上のCNDを持っていると、「CindicatorのAIが分析したマーケット予測情報」を受け取ることができます。つまり、この「CindicatorのAIが提供するマーケット予測情報」の価値が、CNDトークンの価値に紐づいてくるということです。

CNDトークンなどのようなPoS通貨は、このように発行主体が提供するサービスの価値に紐づいた価値(実用性)を持つため、常に一定の需要があります。このため「PoS」通貨は価値を持ちます。

ただ、PoS通貨が価値を持つからと言って、PoS通貨が「貨幣」になり得るかというとそうではありません。

「貨幣」というのは、上に記したように、実用性がないとしても通貨自体で富の総量を示すことが出来る物のことです。

富の総量を示すことが出来るというのは、その通貨を保持しているだけで、自分が富を有しているということを証明できるということです。

ビットコインなどのようなPoW通貨はこれが出来ます。なぜならPoW通貨を手に入れるためには、電気代というコストを差し出さなければならないからです。マイニングをせずに他の誰かからPoW通貨を受け取る場合は、売り手にその通貨を手に入れるために投じた電気代と同程度の費用を払わなければならないので同じことです。

つまり、PoW通貨を保持しているということはそれだけで、その通貨を手に入れるために必要な電気代というコストを差し出す富がもともとあった、ということを意味する訳です。

一方、PoS通貨の場合は、新規発行される通貨は既にその通貨を保持している人に無償で配布されるため、既にその通貨を持っている人はゼロコストで新規通貨を手にすることができます。

つまり、そのPoS通貨を持っているからといって、もともと同程度の富を有していたということを証明できる訳ではない、ということです
(ここで言う「同程度の富」というのは、新しく発行された通貨と同程度の富という意味であって、もともと持っていたPoS通貨と同程度の富という意味ではありません)

PoS通貨は『貨幣』にはなり得ないが今後も使われ続けていく

PoS通貨は貨幣としては機能しませんが、今後も使用されていきます。なぜなら、PoS通貨発行主体が提供するサービスの利用料や利用権利としてのPoS通貨は非常に理にかなっているからです。

むしろ、「ブロックチェーンに関連するサービスの利便性を享受するための通貨」という目的であれば、PoWよりPoSのほうがコンセンサスアルゴリズムとして優れています。PoWのように台帳更新のために多大な電気代を投じる必要がないからです。

例えばイーサリアムの場合、イーサリアムのブロックチェーンプラットフォームでスマートコントラクト(プログラム)を実行する際に、ETHトークンを使用料として支払う必要があります。ETHトークンが『貨幣』として使用されるのではなく、イーサリアムブロックチェーンの利用料として利用されるのであれば、PoWではなくPoSを採用したほうが余計なコストがかからないので合理的です。

そもそも何故『貨幣』が必要なのか

こうやってPoWコインのみが貨幣になり得る理由について考えていると、「そもそも何故貨幣って必要なんだっけ?」という疑問が生じてきます。

貨幣の必要性は、貨幣の機能から考えると分かりやすいです。この記事によると貨幣の機能には、以下の3つがあります。

  • 交換手段
  • 計算単位
  • 価値貯蔵手段

交換手段とは、貨幣があるおかげで、あらゆる物を貨幣と交換できるということです。貨幣がないと、すべての物を物々交換しなければならないため、非常に不効率です。

計算手段とは、あらゆる物の価値を計測するために必要なものだということです。現代の貨幣だと考えられている政府紙幣があるおかげで、例えば「りんごは100円」などと定量的に物の価値を表現することができます。

価値貯蔵手段とは、今手に入れた購買力を未来でも使用することができる機能のことです。例えばリンゴを持っていても1年後には同程度の価値を保つことはできませんが、貨幣なら1年後でもだいたい同じ価値です。

つまり、貨幣があるおかげで、物々交換をしなくて済んだり、あらゆる物の価値を計測可能にしたり、価値を将来に移転することが可能になるのですね。このような便利な機能を享受することが、貨幣が必要とされる理由です。

現代の貨幣は中央集権的

現代貨幣として人々に認識されているものは、政府が発行している政府紙幣です。この政府紙幣が貨幣として機能しているのは、政府紙幣の価値が法律によって認められている政府による暴力によって担保されているからです。

つまり、政府や国といった中央集権的な組織が存在しないと、政府紙幣は貨幣として機能しないということです。

一方、ビットコインなどのPoW通貨は、政府や国などの中央集権的な組織が存在しなくても(信頼できる第三者が存在しなくても)貨幣として機能することができます。

この信頼できる第三者が存在しなくても、貨幣として機能することができるPoW通貨は今ままでの歴史上に存在しませんでした。ここがビットコインなどのPoW通貨が革命的であると言われている理由です。

以上、『ビットコインなどのPoW通貨が、PoS通貨より「貨幣」として優れている理由』についてでした。

RELATED ARTICLES

Copyright© つかめ草コインドリーム! , 2018 All Rights Reserved.