草コイン投資で目指せ億り人

      2018/05/03

世界No.1の仮想通貨取引所『Binance(バイナンス)』の特徴、登録から取引き開始までの手順を説明します

この記事では、世界最大の仮想通貨取引所Binanceの特徴と、口座開設から仮想通貨購入までの流れを簡単に解説します。

筆者が10万円を投資した$CNDも、Binanceで購入可能です。CNDのようなマイナーな仮想通貨に投資をするなら絶対に抑えておきたい取引所が、このBinanceです。

今すぐ登録したい方は下記リンクからどうぞ。

『Binance(バイナンス)』の特徴

Binanceの主な特徴には、下記3つがあります。

  1. 世界No.1の仮想通貨取引所
  2. 取り扱い銘柄がとても多い
  3. 手数料が安い

順番に説明していきますね!

特徴①:世界No.1の仮想通貨取引所

日本No.1の仮想通貨取引所はbitFlyerでしたが、世界No.1はどこかというとBinanceです。

Binanceは2017年7月に設立されたまだ新しい取引所なのにも関わらず、24時間取引き量で現在世界No.1です。

参考Binanceはいかにして世界No.1の取引所になったのか

BinanceのCEO、ジャオ・チャンポンは、「取引所での売買で利用すると手数料が半額になる、独自通貨BNBをICOする」というアイデアとともに、半年で一気に世界3位の仮想通貨富豪に成り上がりました。

参考世界最大の仮想通貨取引所「バイナンス」創業者、41歳の人生

Binance CEOは、ビットコインブロックチェーンの記録取引き履歴を、WEBで参照できるサイトblockchain.infoに3番目の社員として参加した経験や、仮想通貨取引所のOkcoinにCTOとして参画していた経験があります。

技術者としても豊富な経験を持つBinance CEOだからこそ、セキュリティ・利便性等全てにおいて、世界でトップレベルの仮想通貨取引所サービスを提供することができています。

特徴②:取り扱い銘柄がとても多い

Binanceは取り扱っている銘柄が、日本の仮想通貨取引所と違い、とても豊富です。

2018年2月19日現在では、BTC建てで110種類の銘柄を取引きすることが可能です。

日本最大手のbitFlyerが取り扱っている現時点での銘柄数は7種類ですので、その多さが分かると思います。

取り扱っている銘柄が豊富なので、日本の取引所で売買できない通貨がある場合は、Binanceを利用することになります。

例えば筆者が10万円を投資したCNDは、日本の取引所で売買することが不可能なため、Binanceで購入しました。

Binanceが日本人の間で人気なのは、筆者がCNDをBinanceで購入したように、日本の取引所では投資できない銘柄を多く取り揃えているからです。

今後10倍以上の爆上げが期待される銘柄は、日本の取引所に上場されているような銘柄ではなく、もっとマイナーな銘柄であると、多くの日本人は考えています。

まだ注目されていないマイナー銘柄に投資をして一儲けしたいと考えている人の多くは、Binanceを利用しているため、日本人の間でもBinanceが人気だということです。

特徴③:手数料が安い

3つ目のBinanceの大きな特徴は、取引き手数料が他の取引所に比べて安いことです。

どのくらい安いのかというと、他の取引所とBinanceの取引手数料は下記の通りです。

  • bitFlyer(日本):0.15%
  • bittrex(海外):0.25%
  • Poloniex(海外):0.15%
  • Binance(海外):0.1% (BNBトーク使用でさらに半額に!)

Binanceは唯一0.1%という取引き手数料で、取引所を運営していることが分かると思います。

また、Binanceが発行した独自トークンBNBを利用して取引きを行うと、手数料が0.1%からさらに半額になるというオプションもあります。

BNBトークンを利用すれば0.05%で取引き可能なので、他の取引所より圧倒的に安く取引きできるということですね。

デイトレードなどで頻繁に売買する人にとっては、取引き手数料は重要な要素になってきますので、Binanceはその面でもとても人気な取引所であるということです。

『Binance(バイナンス)』での登録から取引き開始までの流れ

そんな特徴を持つBinanceの、登録から取引き開始までの流れを、簡単に説明したいと思います!

手順は下記の通りです。

  1. アカウント登録
  2. 二段階認証の設定
  3. 身分証明書アップロード
  4. 仮想通貨を送金する

手順1:アカウント登録

まず、下記ボタンをクリックし、Binanceページにいきましょう!

アカウント登録をするために、下記画像のように、画面右上の「Register」ボタンをクリックします。

Binance

右上の「Register」ボタンをクリックすると、下記画像のような、メールアドレス、パスワード入力画面が表示されます。ご自身のメールアドレスとパスワードを入力しましょう。「Referral ID」はoptional(任意)なので、入力してもしなくてもどちらでも良いです。

binance2

メールアドレスとパスワードを入力すると、下記のようなパズルを埋めるような画面が表示されます。画面下のまるいゲージを動かして、パズルを一致させ認証を完了させましょう。

binance3

パズル認証が完了すると、下記のような画面が表示されます。「Email Verification」と書いてある通り、登録したメールアドレスあてに、認証メールが送付されています。

binance4

メールアドレスあてには、下記のようなメールが届いているはずです。「Verify Email」ボタンをクリックして、メールアドレス認証を完了させましょう。

binance5

「Verify Email」ボタンをクリックすると、下記のような画面が表示されますので「Login」ボタンをクリックします。

BNB7

「Login」ボタンをクリックすると、下記のような画面が表示されますので、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、ログインしましょう!

binance8

ログインをすると下記のようなセキュリティ関係の注意事項に関する画面が表示されます。内容を確認し、右側のチェック欄にチェックを入れて、「I understand , continue」ボタンをクリックしましょう。

BNB8

手順2:二段階認証の設定

セキュリティ関係の確認事項が完了すると、下記のような、二段階認証を促すポップアップが表示されます。Binanceは海外の取引所であるためSMS認証は実施できないので、「Google Authentication(グーグル認証)」をクリックしましょう。

bnb8

グーグル認証は、スマートフォンを利用しての認証手法ですので、お使いのスマートフォンにグーグル認証アプリをまずインストールします。

bnb9

インストールが完了したら、下記画面に表示されているバーコードを、グーグル認証アプリを利用して読みとります。

bnb9

グーグル認証システムアプリを開くと、下記のような画面が表示されていますので、バーコードを読み取るために、右下の赤いまるの「+」ボタンをクリックします。

cnd17

「+」ボタンをクリックすると、下記のような画面が表示されますので、「バーコードをスキャン」を選択します。

「バーコードをスキャン」をクリックすると、下記のようなバーコード読み取り画面が起動しますので、画面に表示されているバーコードを読み取りましょう。

無事にバーコードの読み取りが完了すると、下記のように新しく「Binance」のコードが生成されます。

cnd16

上記の6桁のコードは「2FA-Code」と呼ばれるコードで、一定時間たつと番号がかわります。Binanceで認証する際には、その都度グーグル認証アプリを立ち上げて、この6桁のコードを確認することになります。

グーグル認証アプリでバーコードの読み取りが完了すると、下記のような画面が表示されます。画面左に表示されている文字列は、グーグル認証におけるバックアップキーなので、紙に書き写して大事に保管してください。

bnb9

バックアップキーの書き写しが完了したら、下記画面のように、「Key」「Login Password」「2FA Code」を入力する画面が表示されます。

「Key」には、先ほど紙に書き写したバックアップキーを、「Login Password」にはバイナンスにログインする際に利用するパスワードを、「2FA Code」にはスマホのグーグル認証アプリに表示されている6桁のコードを入力します。

bnb10

以上で、グーグル認証アプリを利用した、二段階認証の設定は完了です。

手順3:身分証明書アップロード

次に、身分証明書のアップロードを行います。バイナンスアカウント画面に、下記画像のように「Submit Verification Documents」という文字リンクがありますので、それをクリックします。

bnb10

文字リンクをクリックすると、下記のような画面が表示されますので法人の方以外は「Personal」ボタンをクリックします。

bnb11

「パーソナル」ボタンをクリックすると、下記のような画面が表示されます。「International」にチェックを入れて、画面に案内されている通り、3種類のパスポートの写真をアップロードしていきます。

「International」にチェックを入れると、下記のような画面が表示されますので、それぞれパスポートに記載の通り記入していきましょう。

bnb20

パスポート情報を入力したら、パスポート本体の写真をアップします。下記画像に従って、まずはパスポートのカバーの写真を撮ってアップロードします。

bnb21

次は、下記画像のようにパスポートの「パーソナルページ」の写真を撮って、アップロードします。

bnb22

最後に、パスポートと、「Binance」という文字列と日付を書いた紙と一緒に自撮りをした写真をアップロードします。(この写真撮るの結構大変なので頑張ってください。。)

bnb25

 

自撮り写真をアップロードしたら、上記画像のように「Submit」ボタンをクリックします。

以上で、身分証明書のアップロードは完了です。

手順4:仮想通貨を送金する

最後にBinanceで取引きをするために、日本の取引所から仮想通貨の送金を行います。

日本の取引所では、日本円を入金して、その日本円で仮想通貨への投資をすることができますが、Binanceはそうではありません。

Binanceで扱われている通貨は、「BNB」「BTC」「ETH」「USDT」を利用してのみ取引きをすることができます。

従って、Binanceで取引きをするためには、日本の仮想通貨取引所から、「BTC」等を送金する必要があるということです。

一番一般的なのは、bitFlyerでビットコイン(BTC)を購入して、それをBinanceに送金する形なので、その手法を下記記事にて解説してみました。

btc送金
bitFlyer(ビットフライヤー)からBinance(バイナンス)にBTC(ビットコイン)を送付する方法

日本人がBinanceを利用する際には、事前にbitFlyerなどの日本の仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し、それをBina ...

続きを見る

上記記事を参考に、BTCをBinanceに送付して、Binanceでの仮想通貨をはじめてみてください!!

まとめ

以上のように、Binanceは手数料が安く、マイナー銘柄なども多く取り扱っている、世界No.1の仮想通貨取引所です。

日本の取引所では扱っていないマイナー仮想通貨銘柄で億り人を目指すなら、Binanceの利用は必須だと思います!

Binanceを利用するためには、日本の取引所からBTCを送付したりする必要があるため、少し大変ですが、仮想通貨を最大限楽しむためにBinanceを利用しない手はないと思います。

以上、「世界No.1の仮想通貨取引所『Binance』の特徴と、登録から取引き開始までの手順」についてでした。

RELATED ARTICLES

Copyright© つかめ草コインドリーム! , 2018 All Rights Reserved.