草コイン投資で目指せ億り人

   

DAG(有効非巡回グラフ)とブロックチェーンの違いについて簡単に解説します

もう少しかみ砕いて説明します。

ブロックチェーンテクノロジーとDAGの違いは、P2Pネットワークでの取引きの合意形成アルゴリズムにあります。

ブロックチェーンテクノロジーでは、取引きのP2Pネットワークでの合意形成をPoW(プルーフオブワーク)を行うことにより実施します。

PoWとは、P2Pネットワークに参加する端末が新しい取引き(ブロック)の正当性の検証を行う時に同時に実施する、ある種計算量の多いハッシュ値の計算のことです。

具体的には、これまでの取引きの履歴全てを含んだ過去の台帳に紐づくハッシュ値と、新しい取引きのまとまり(ブロック)から、特定のハッシュ値とそれを満たすnonseの計算を行うことです。

この辺りの行間/文間の意味をより詳細に理解するためには、下記の大石さんの本に目を通してください。

 

一方、DAGの場合はブロックチェーンがPoWにより行っていた取引きの合意形成を、後に取引きを行うユーザーの承認の積み重ねによって行います。

DAGの場合は、ユーザーがDAGを用いた通貨を使用する時に、その通貨の取引き台帳を管理するP2Pネットワークに対して、自身が行った取引き情報を送信すると同時に、過去のユーザーが行った取引きの承認を行います。

同じようにして、自身が行った取引きは、後にその通貨の取引きを行うユーザーによって承認されます。

このようにDAGの場合は、今その通貨を使用するユーザーが過去に取引を行ったユーザーの取引きを次々と承認していきます。

この承認が積み重なれば積み重なるほど、その取引きは正当である信憑性が高いとして、ネットワーク全体で正当な取引きであると承認され、台帳が書き換えられます。

DAGの取引きの承認及び、台帳更新のアルゴリズムについての詳細は下記記事をご覧ください。

参考DAG型暗号通貨のすすめ ブロックチェーンを代替しうる新技術

まとめると下記の通りです。

  • DAGとブロックチェーンの違いは、P2Pネットワークでの取引きの合意形成アルゴリズムにある。
  • ブロックチェーンの場合は、取引きの合意形成を、P2Pネットワークに参加する端末がある条件を満たすハッシュ値の計算(PoW)を行い、それをP2Pネットワーク全体に通知することにより実施している。
  • DAGの場合は、現在取引きを行うユーザーが過去のユーザーの取引きを承認することによる承認の連鎖の積み重ねによって、P2Pネットワークにおいて取引きの合意形成を行っている。

以上、『DAG(有効非巡回グラフ)とブロックチェーンの違い』についてでした。

RELATED ARTICLES

Copyright© つかめ草コインドリーム! , 2018 All Rights Reserved.