草コイン投資で目指せ億り人

      2018/03/17

【LSK】Lisk(リスク)ってどんな仮想通貨? 特徴・買い方・将来性を分かりやすく説明します

最近bitFlyerに新しく上場した通貨として話題になっている仮想通貨Liskについて、この記事では解説します。

bitFlyerに上場したことは知っているけど、Liskがどんな通貨なのか知らない読者も多いと思いますので、しっかりとキャッチアップできるように説明していきますね!

Lisk(リスク)ってどんな仮想通貨?

lisk

Liskは、イーサリアムと同じような、スマートコントラクトを書き込むことができるブロックチェーンプラットフォームです。

「そもそもイーサリアムって何?」という疑問をお持ちの方は、下記記事を先にご参照ください。

参考:これで理解できる ETHEREUM(イーサリアム)とはなにか?

役割としてLiskはイーサリアムと同じように、スマートコントラクトという「プログラム」を書き込む、ブロックチェーンプラットフォーム(とても堅牢性の高いワールドコンピューター)である訳ですが、イーサリアムとはいくつか違いがあります。

Liskは、イーサリアムの大分あとに開発されたブロックチェーンプラットフォームであるため、イーサリアムが持ついくつかの弱点を上手く補うように設計されています。

詳細は後述しますが、その違いは主に、スマートコントラクトを作成する際のプログラミング言語、コンセンサスアルゴリズム、サイドチェーン使用有無の3つです。

銘柄 プログラミング言語 コンセンサスアルゴリズム サイドチェーン
Lisk Javascript DPOS 使用
イーサリアム Solidity PoS 使用しない

これら3つの違いのどこに優位性があるのか及び、それをもとにLiskの将来性について説明してみたいと思います。

Lisk(リスク) 3つの特徴

Liskの主な特徴(イーサリアムとの違い)には下記の3つがあります!

  • Javascriptでスマートコントラクトの作成が可能
  • DPOSコンセンサスアルゴリズムを使用
  • 各スマートコントラクトごとに独自のサイドチェーンを使用

Javascriptでスマートコントラクトの作成が可能

Liskではスマートコントラクトと呼ばれるプログラムを、Javascriptを使用して作成することができます。

イーサリアムでスマートコントと呼ばれるプログラムを作成する際には、通常「Solidity」というマイナーなプログラミング言語を利用する必要があります。

マイナーな言語を0から勉強してマスターすることは大変です。Javascriptはメジャーな言語であるため、プログラミングをしたことがある多くの人には馴染みがあります。

Liskを利用すれば、多くのプログラマにとって馴染みのあるJavascriptを使用して、プログラムを作成することができるので、開発者の多くがイーサリアムではなく、Liskプラットフォーム上でプログラムを開発する未来が訪れるかもしれません。

DPOSコンセンサスアルゴリズムを使用

LiskはDPOSコンセンサスアルゴリズムを使用しています。DPOSコンセンサスアルゴリズムは、ビットコインが採用しているPoWや、イーサリアムが使用しているPoSとは異なるものです。

DPOSコンセンサスアルゴリズムでは、ブロックの生成者が、「通貨保持者による投票」というプロセスを通して決定されます。

このブロック生成者の決定方式は、マイニングに成功したノードがブロックの生成者になるPoWや、より多くの該当通貨を持つノードがマイニングに成功しやすいPoSとは異なります。

コンセンサスアルゴリズムとしてDPOSを採用すると、PoWやPoSを利用していた場合に比べて、取引きの処理能力が高いといったメリットがあります。

DPOSによる取引きの処理能力が高い理由は、毎回マイニングによってブロックの生成者を決定するPoWやPoSに対して、DPOSの場合は事前に決められたブロック生成者が淡々と役割をこなしていくだけだからです。

参考:LiskのDPOSとBitSharesのDPOSの違い

各スマートコントラクトごとに独自のサイドチェーンを使用

Liskでは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを、ブロックチェーンプラットフォーム上に書き込む際に、1つ1つのスマートコントラクトごとに個別にサイドチェーンが割り当てられます。

サイドチェーンというのは、メインチェーンと呼ばれるブロックチェーンの大元に関連付けられた、メインチェーンとは別のブロックチェーンのネットワークのことです。

1つのスマートコントラクトに対して、1つのサイドチェーンが割り当てられるため、そのスマートコントラクトが多くのユーザーに利用されはじめたとしても、動作の遅延などには繋がり辛いです。

イーサリアムを利用する場合は、すべてのスマートコントラクトが1つのメインチェーンに書き込まれるため、多くのプログラムが1つのコンピューターの上で動いているような状態になっています。

当然、利用ユーザーが増えるに従い、どんどん動作が遅くなっていきます。別の言い方をするとスケーラビリティ問題が発生します。

イーサリアムではなく、Liskプラットフォーム上でスマートコントコントラクトを作成すれば、イーサリアムを使用した場合に比べて、スケーラビリティ問題が発生し辛くなります。

これは、Liskのとても大きなメリットです。

Lisk(リスク)取り扱い取引所・買い方

Liskは、2018年1月にbitFlyerに上場したため、bitFlyerで購入することができます。

参考:ビットフライヤーがリスク(Lisk)を上場発表

bitFlyerの特徴や、利用手順は下記記事を参考にしてください。

bf-eyecatch
『bitFlyer(ビットフライヤー)』の特徴、登録から取引き開始までの手順を説明します

日本での仮想通貨取引所のパイオニア的存在である『bitFlyer』の特徴と、登録から仮想通貨購入までの流れを、この記事では解説します。 筆者 ...

続きを見る

また、LiskはBinanceでも購入可能です。利用手順は下記記事をご参考に。

binance特徴
世界No.1の仮想通貨取引所『Binance(バイナンス)』の特徴、登録から取引き開始までの手順を説明します

この記事では、世界最大の仮想通貨取引所Binanceの特徴と、口座開設から仮想通貨購入までの流れを簡単に解説します。 筆者が10万円を投資し ...

続きを見る

Lisk(リスク)の将来性について

上記に記述した通り、Liskには、プログラミング言語、DPOSコンセンサスルゴリズム、サイドチェーン使用という3つの特徴があり、この3つの特徴がLiskの将来性に強く関係してきます。

この3つの特徴は、1つ1つは他の銘柄でも利用されているものであるため、差別化にはなり辛いですが、3つの組み合わせで考えるとLiskならではの価値が洞察できます。

特に、スマートコントラクトをJavascriptで作成できること及び、DPOSコンセンサスアルゴリズムは、採用している他銘柄の数が少ないため、この2つの今後の動向が、Liskの将来性に大きく影響してくると考えられます。

以上、bitFlyerにも上場している仮想通貨『Lisk』についての話題でした。

RELATED ARTICLES

Copyright© つかめ草コインドリーム! , 2018 All Rights Reserved.