草コイン投資で目指せ億り人

      2018/04/22

【XVG】Verge(バージ)ってどんな仮想通貨? 特徴・取引所・将来性を分かりやすく説明します

今回は、何度も暴騰して話題になっているバージ(XVG)について解説していきます。

Twitterなどで度々話題になっているバージ(XVG)がどんな仮想通貨なのか、この記事を読んでしっかりと理解しておきましょう。

バージ(XVG)の基本情報

まず、仮想通貨バージ(XVG)の基本情報は下記の通りです。

基礎情報

通貨名 Verge(バージ)
通貨単位 XVG
通貨タイプ 匿名通貨
現在供給枚数/総発行枚数 14,877,745,942 XVG/16,555,000,000 XVG
公式サイト 公式サイトはこちら
White Paper White Paperはこちら
公式Twitter 公式Twitterはこちら
掲示板(reddit) 掲示板はこちら
チャート(CoinMarketCap) チャートはこちら

現在価格・時価総額ランク・時価総額

バージ(XVG)ってどんな仮想通貨?

xvg_page

バージ(XVG)は、MoneroやZcash、Dashと同じ匿名系の仮想通貨です。

匿名系の仮想通貨とは、外部から取引き内容を確認できなくする性質を持つ通貨のことです。

ビットコインなどの非匿名系の仮想通貨は、例えばblockchain.infoなどで、誰でも外部からトランザクションの内容を見ることができます。

トランザクションの内容を見ることが出来るということは、誰がどのようにお金を使ったのか追跡できてしまうということです。

これではプライバシーに大きな問題が生じます。例えば、ご自身がエロサイトに仮想通貨で課金していたとします。もし匿名化がされていない仮想通貨で課金した場合、エロサイトに課金していることを皆に知られてしまう訳です。これでは嫌ですよね。

決済通貨として仮想通貨を利用する際には、プライバシーの保護が非常に重要になってくるということです。

このプライバシーの問題を解決したのが、匿名系の仮想通貨です。バージ(XVG)は、TorとI2Pという技術を利用することにより、匿名化を実現しています。

バージ(XVG) 3つの特徴

そんな匿名仮想通貨バージ(XVG)には、以下のような3つの特徴があります。

  1. TorとI2Pにより匿名化を実現
  2. 匿名送金はオプショナル
  3. 発行枚数が多い

順番に説明していきますね。

特徴①:TorとI2Pにより匿名化を実現

バージ(XVG)は、TorとI2Pという技術を利用することにより、匿名化を実現しています。

実はバージ(XVG)が採用しているこの技術が、他の匿名系通貨とは異なる点になります。

他の匿名通貨として有名なものには、MoneroやZcash、Dashなどがあります。Moneroはリング署名という技術により匿名化をしており、Zcashはゼロ知識署名、Dashはコインミキシングという技術を利用して匿名化を実施しています。同じ匿名系コインでも、匿名する際に利用している技術が異なるということですね。

TorとI2Pの技術がどのようなものなのかについては下記記事をご参照ください。

参考:Torとは?

特徴②:匿名送金はオプショナル

バージ(XVG)が持つ2つ目の特徴が、コイン送信者が匿名送金をするかオープンな送金にするか選ぶことが出来る、ということです。

匿名送金はオプションの1つである、ということですね。

匿名送金をすると、それだけ特殊な処理をコンピューターやネットワークにさせる必要があるので、送金の遅延が生じます。特に匿名化する必要はないけれど、素早く送金を行いたい場合には、オープンな送金をすることにより対応できます。

匿名送金を選択制とすることで、よりフレキシブルな選択肢をユーザーに与えているということですね。

特徴③:発行枚数が多い

バージ(XVG)の3つ目の特徴が発行枚数が異様に多いことです。

現時点でバージ(XVG)は合計14,877,745,942XVG発行しています。

これがどれだけ多いかというと、イーサリアムの場合は98,829,320 ETH、ライトコインの場合は56,099,888 LTCですので、そのすさまじい数が分かると思います。

発行枚数が多いとそれだけ1コイン当たりの単価が下がる傾向にあるので、投資家は購入しやすいという心理が働きます。このため、投資を呼び込むために少し有利であると界隈では言われたりします。(実際は何も意味はありませんが。)

バージ(XVG)の買い方・取り扱い取引所

そんなバージ(XVG)は、世界No1の仮想通貨取引所Binanceで購入することが可能です。

binance特徴
世界No.1の仮想通貨取引所『Binance(バイナンス)』の特徴、登録から取引き開始までの手順を説明します

この記事では、世界最大の仮想通貨取引所Binanceの特徴と、口座開設から仮想通貨購入までの流れを簡単に解説します。 筆者が10万円を投資し ...

続きを見る

Binanceでのバージ(XVG)等の仮想通貨の買い方については、下記記事で紹介していますので合わせてご確認ください。

binance_coin_buy
Binance(バイナンス)で仮想通貨(草コイン)を購入する方法

この記事ではBinanceで仮想通貨を購入する方法を画像付きで分かりやすく解説します。 通貨の購入はミスをすると自身の資産を失いかねない行為 ...

続きを見る

バージ(XVG)の将来性

バージの特徴は上述したようにTorやI2Pという技術を用いることにより、匿名化を実現している点です。

しかし、最近BTCでもTorに対応した匿名化技術が発展してきているという現実があります。また、セカンドレイヤーでの取引きが実現すると、自然と匿名性を持った取引きを実現できるようになると考えられます。

このため、バージ(XVG)がこれまで優位性を持っていた機能は、BTCでも補えるようになっているので、将来的にBTCを差し置いて利用されるようになるかは疑問があります。

以上、『バージ(XVG)ってどんな仮想通貨?』という話題についてでした!

RELATED ARTICLES

Copyright© つかめ草コインドリーム! , 2018 All Rights Reserved.